集客で困りたくないあなたへ

どんなビジネスにおいても集客は必要です。
逆にいうと集客できない人はどんなにいいビジネス、商材を持っていても売れません。

ビジネスモデルが出来上がっても、集客できなければ売ることさえできません。

つまりは、宝の元ぐされ状態です。

ほとんどの企業においても、集客に困っていることかと思います。

集客コンサルティングなる仕事もあるくらいですからね。

そんなコンサルの方達は集客だけではなく、売上が伸び悩んでいる企業等にマーケティング活動での集客を提案したり、
価格を売りにしているお店には新サービスの提案をする等、集客方法を改善したり、販売方法や販促ツールの上手な使い方などのアドバイスも行っていきます。

つまりは集客といっても、人を集める方法だけが原因ではないとも言えるのですが、今回は集客について書きたいと思います。

ビジネスにおいて集客ということがどれだけ重要なことか

いかにして集客をしていくか。

つまりはビジネスをどのようにして広めていくかです。

予算ゼロからできるネットでの施策から、クチコミ対策、効果的な広告の出し方、
地域ぐるみで取り組む大規模施策まで、予算規模や業種、段階に合わせてすることがあります。

実際に独立し、集客に携わってきたからこそわかることがあります。
だからこそ、その視点で、インバウンドの集客対策を説明していきたいと思います。

インバウンドマーケティングをお勧めしたい人

・宿泊施設・飲食・小売など訪日外国人が訪れる施設の方
・自治体・観光エリアなど観光事業者
・企業のインバウンド担当者

もっと集客について基礎から学び、成果を上げていきたい人
自己流で集客を行ってきたが集客で困っている人

集客について困っている人に読んでみていただきたいです。

マーケティングについて改めて学んでみたいというかたは是非読み進めてみてください。

訪日客と書きましたが、訪日客に限らず役にたつ話をさせていただきたいと思います。

費用をかけなくてもできることがある

インバウンドマーケティングでの集客はほとんど費用をかけずにできます。

個人でこれから何か始めようという方にも費用が抑えられるためお勧めです。

多くの人はこのような間違いをしています。
広告費をかければ、集客なんて楽勝でできるんでしょ?

そんなことはありません。

WEB素人の人でもブログなどから集客し、顧客に繋げている方は世の中に数多くいます。

飲食店・宿泊施設・小売店・自治体や観光エリアの集客アプローチが重要です。

インターネットの活用、SNSの利用。クチコミの活用。ネット予約サイトの利用というのもユーザー目線に立つとよくわかると思いますがあなたが出かけるときに何を目にするか考えてみてください。

訪日客を取り込んでいくには広告戦略。旅行博への出店。旅行会社との関係性などが必要になってきます。

時代を反映して、全体的にインターネットを活用したマーケティングが必要です。

どれだけ素晴らしいことでも現代に通用しない手法は学んでも仕方ないですから。

ペルソナマーケティングの重要性

まず、ペルソナマーケティングとは何かご存知ですか?

簡単にいうと実際に自社の製品やサービスを使ってくれるであろうモデルユーザーを設定します。

そのペルソナがどういった製品やサービスを提供すればユーザーのニーズを満たせるかを考えながら商品やサービスを設計していくマーケティングの手法です。

そんな手法で大成功している企業や個人もたくさんあります。

ちなみにペルソナはより細かく設定することが大事なのですが、ペルソナマーケティングは顧客を集める上で非常に重要です。

例えばですが、この本でいうと年々増えてきている外国人観光客を集めたいとします。

その人はどの国の人ですか?
性別は?
日本語は理解できますか?
職業は?
性格は?
よく使用しているデバイスは?
インターネットの利用状況は?
家族構成は?
などなどです。

ユーザーの特性によって何でニーズを満たせるかというのは全然違います。

そもそも外国人をターゲットにしようとしているのに、日本人のニーズを満たすものを与えても喜んでもらえませんよね。

きちんとペルソナを設定してマーケティングを行うことで顧客の獲得に繋がります。

こっちのお店の方が美味しいはずなのに、外国人がたくさん並んで入っていく光景をみたことありませんか?

外国人観光客が目にする何かに掲載されているのです。

ブログであったり、パンフレットや雑誌などから彼らは情報を得ているのです。

そんな彼らが何をみてきているのか気になりますよね。

自分のところも掲載してもらって多くの外国人観光客にきてほしいですよね。

彼らはどこから情報を得ているのか。

それがわかれば、そこに情報を流し込めばいいのです。

どんな媒体を使用しているのか、どんな情報を欲しているのか。

ペルソナマーケティングをしてみてください。

きっと近い答えは出てくるはずです。

なんなら外国人に直接聞いたり、店の人にどんな媒体に掲載して効果が出ているのか聞けば教えてくれるところもあるはずです。

まとめ

ビジネスにおいて結果が出ているところには何かしらの理由があるのです。

そしてそれは偶然ではなく、狙ってできることなのです。

もちろん、世の中にはなぜかわからないけれど集客できていると思っている人もいることでしょう。

でも、中身を紐解いていくと理由があって、たまたま結果が出ていると思っているところも実は説明できたりします。

あなたが関わっているビジネスで偶然再現性のない結果が出てしまったというのと
このやり方でやっていけば結果がでるといった再現性のあるやり方のどちらが良いですか?

考える間もなく、後者を選ぶはずです。

ビジネスに関わる人は必ず集客という問題に出会います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です