コミュニケーションスキルは生きていく上で必須

コミュニケーションスキル、コミュニケーションスキルと叫ばれた時期がありましたが、
コミュニケーションスキルっていったい何のことを言っているのか?

考えたことはありますか?

考えたことはありますかというよりは理解できていますか?

話すのが得意だからコミュニケーションレベルが高い?
そんなことありませんよね。

そういったことにも触れながら今回は書いていきたいと思います。

コミュニケーションスキルが必要な職種は?

内部としか接触しない職種だからと言って関係ないわけではありません。

非常勤だからといって関係ありません。

男性だから、女性だからといって関係ありません。

事務職だから必要ないなんてことはありません。

営業だけが必要?そんなこともありません。

正直いうと職種なんて関係ありません。

本当に簡単にいうと相手のことを考慮して、意思疎通をはかることができる人がコミュニケーションスキルが高いと思います。

ですので、自分の本位の話しかできないとか、相手の意見を受け入れられなかったり、
聞く姿勢がないというのはコミュニケーションスキルが低いと言われます。

なぜビジネスにおいてコミュニケーションスキルが必要か

社内外において円滑な人間関係を構築する必要があるから

仕事をスムーズに進めていくためには内部であれ、外部であれ、他者とのコミュニケーションが必要です。

円満な人間関係を築かないことには内部では協力は得られにくいし、外部との関係が円満でないと仕事は与えてもらえません。

その信頼関係を獲得するには、興味をもって相手の話を聞き、相手の伝えたいことを正しく受け止め、適度に自分の意見をだす。

自分が伝えたいことを端的に話すなどのスキルが必要です。
上記のようなスキルを使用し、相手との信頼を築いていくことが仕事の上で非常に役に立ちます。

クライアントとの交渉に必須

営業職に携わっている人はクライアントと直に話しをし、交渉を行う場合にも、基本的なコミュニケーションスキルは必要です。

クライアントの意図を正しく理解するために傾聴し、疑問や不明な点を的確に聞き取り理解を深めます。
話を理解してくれない営業さんから買いたいとか思わないですよね?

相手がいうことを受け入れるだけではもちろんダメです。
自分が伝えたいことを正しく理解してもら得るように伝える話し方の工夫も大切です。
WIN-WINな関係を意識して、話をしていくことが必須となります。

自分だけに利益があるなんてことはすぐに見透かされます。

きちんと相手のことを考えた上で交渉に挑みましょう。

傾聴スキル

本文にも何度か傾聴、傾聴と書きましたが・・

傾聴とは、端的にいうと相手の話に耳を傾けてしっかりと聞くということです。

基本的に、人という生き物は自分の話していることを聞いてもらいたいのです。

クレーマーなんかはその最たるものです。

何も言わずに話を聞くだけでおさまってしまう人もいるのですから。

女性の相談も近いものがあります。

相談というか、話したいだけみたいです。

意見しようものなら怒られます(笑)

それはビジネスにおいても同じで、相手が聞いてもらいたいことを話そうとしているのに聞き入れてなかったら当然ながら相手にも受け入れてもらえませんよということです。

まとめ

コミュニケーションスキルはビジネスにおいてだけではなく、プライベートでも必要です。

関係が深い友人が多いという人は自然とできているからだと思います。

そういった人はプライベートはもちろんのこと、仕事でもコニュニケーションといった点では問題に感じたことはないはずです。

でも、勘違いしないでいただきたいのは生まれもって持ったものではなく、意識して身につけることができるということです。

もちろん、ビジネスの世界に入るまでに自然と身につけている人もいます。

傾聴なんかは意識すればできることですし、テクニックです。

今からでも身につけておいて損することはまずありません。

今回のオススメの図書はこちら

・タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル
谷 益美  (著), 枝川 義邦 (著)

人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方
印南 敦史 (著)

伝え方が9割
佐々木 圭一  (著)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です