続かないことを継続させるたった一つの方法

人はなぜダイエットできないのか?

答えは簡単。

今まで何も対策をしてきていないのに一人でなんかできるはずがないです。
多くの人は一人で継続できません。

なぜかって、競い合ったり、楽しみながらじゃないとどんなことも続きませんよね。
ダイエットも同じです。

なんで自分だけこんなにしんどい思いをしないといけないの?
なぜ自分だけこんなことしないといけないの?

しんどいし、別に誰に何を言われるわけでもないからやーめよとなりますよね。
そんな経験ありませんか?

辞めないようにする解決策は一つ!

同じ思いを持った人と一緒にスタートする。
そもそもすごくマッチョな人とやっても、自分を卑下してしまうし、自分の今の気持ちなんて理解してもらえていないと思うでしょう。

でも、一緒に始める人が同じような心境、同じような状況だとしたら頑張れませんか?
二人でやってたら、負けたくないとか、あの人がいくなら私もジムに行こうとか思うわけです。
一緒に行こう、こんなに心強い言葉はないです。

一人で続かない⇨結果が出ない⇨やっていても仕方ない⇨やめてしまおう。ってなります。
なぜ続けられるか考えたことありますか?

個人トレーナーを雇ったとして、
大金を払っているから結果を出さないといけないという思いがあります。

個人トレーナーが食事とトレーニングを管理してくれます。
次にいくときに嘘を付いていてもバレます。

大金を払っている時点で結構な決意をしています。

人は意思は弱い

人一人の意思なんてすごく弱い。
こんな経験ありませんか?

今日は疲れたし、明日やろう。
今日は眠いから、明日やろう。
今日は寒いから、明日から走ろう。

翌日から始まった試しがないと思います。

明日やろうは馬鹿野郎とはよく言ったもんです。

でも、「明日一緒に走ろうか。」
明日、「一緒にジムに言って1時間トレーニングしましょうか。」
そう誘われたらどうですか?

行こうと思いませんか?

人間そんなものです。

自分が悪いのではなく、人間てそんなもの。
一人の意思じゃ弱いなんていうのは当たり前、巻き込んで複数人でやると長く続きます。

体型を維持できない=自己管理ができていないとみられる

自分で書いておきながら、グサグサ胸を突き刺しています。

アメリカでは体型を維持できない=仕事もできないとみられるようです。
あっふとった状態を維持も体系を維持ですよね。
とか屁理屈は言わないで下さいね。

これはアメリカに限らずですが、すごくふとっていたら、
この人はきっと自堕落な生活をしているんだろうなということが想像されますよね。

それは同性。異性限らずです。
ふとっているのが嫌いなのではなく、ふとっていることから想像できる部分が嫌いな人もいます。

逆にガリガリだったらこの人はご飯食べないのかな?
好き嫌いがすごいのかな?
仕事が忙しすぎて疲れてるのかな?
ご飯を食べるお金も持っていないのかな?

コンパにいったりしても、見た目だけで敬遠されることもあるでしょう。

人が変わるには決意も必要ですが、それに加え協力者、一緒に頑張ってくれる人というのも重要です。
そんなの外的要因のせいにして内的要因は無視かと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人が変わるきっかけなんて様々です。

例えば、あの人に好かれたいからかっこよくなりたいとか、動機なんて本当になんでも良いんです。
将来、病気になることが心配だから、今からリスクを減らせるようにしたいですよね。

人が何かを始める時は理由をつけた方が長続きします。
人の脳って単純なのです。
上であげたように誰かに好かれたいっていうことは、その人を好きな期間はきっと続きます。
好かれたいからです。

物事はシンプルに考えましょう。
できるのであれば理由なんてなくても良いです。
でもなんでこんなことをやっているんだろうとふと思った時に、何もないとすごい空虚感に苛まれると思います。
「●●ロス」みたいなものですよね。

気をつけて欲しいのは、言い訳をし続けるということです。
自分で決めたことを何か理由をつけてやめていくことはすごく簡単です。
どうせ・・と思わないことです。

結局取り組むのは自分であって、やるやらないを決めるのも自分なのです。

一人に限界を感じたら是非ともお声がけください。

一緒に頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です