一流から学ぶ「世界No.1企業だけがやっている究極のサイクルの回し方」

世の中には数多くのトヨタ式の本が出版されていますが、教科書の様によくまとめられており読みやすいです。

製造現場だけではなく、そのほかの仕事にも役に立つ、効率化を勧めるために役立つノウハウがたくさん書かれています。

例えば、何かの失敗や無駄が起きた時、その場を取り繕うことも大切ですが、
それだけでは今後何も役にも立ちません。

失敗例は対策を講じてこそ企業のノウハウとして残ります。

失敗例を元に同様の失敗が今後ないようにしていく必要があります。
その対策を行うためのフォローのFがこの本のタイトル意味です。
日本を代表する企業のTOYOTAにおいても、基本的にはPDCAサイクルで回しているということがこの本を読めばわかります。
今回オススメの一冊
トヨタのPDCA+F 世界No.1企業だけがやっている究極のサイクルの回し方」著者:桑原 晃弥

世界の大企業でさえもPDCAサイクル

「改善」「問題解決」「コスト削減」「5S」「開発戦略」「人づくり」などなど、あらゆる結果はこのプラス1(フォロー)のステップで大きく変わる。
当たり前だけどなかなか続けられないことをとこんとやり遂げ、組織の競争力を驚異的に高めるマネジメントの極意が書かれています。

「トヨタのPDCA+F 世界No.1企業だけがやっている究極のサイクルの回し方」を読むことをおすすめしたい人

現場だけでなく、リーダーや管理職となる人には勉強になる本だと思います。

TOYOTAという日本を代表する企業出会っても基本的にはPDCAサイクルで回し、きちんとフォロー体制を取っている。
つまりは中小企業出会ったり、個人でやっている人にとっても参考になることは多い。

むしろ、小さい企業ほどこの様なことが疎かになっている。

この際、企業の規模は関係ない。
むしろ小規模な企業ほどしっかりとやっていかないといけないことが書かれており、
いろんな部署の方にでも当てはまることが多いため、読んでほしい。

段取りの方法

「段取りは無駄取り」「ギリギリまで着手してはいけない」というところです。
段取りを決めることが無駄取りになる。まさにその通りだと思いました。
目的を明確にするというのは日頃から気をつけていることで、
今は特に現場採算表をつくるときにMTGの中でもよくでてきます。
なぜそれをするのか、何を得たいからするのか、これが明確にならない限りは何を求めていけばいいのか、何の数値が必要なのか変わってくるからです。
ただ表をつくるだけであれば毎日入力をして手間がかかることなのでなくしてしまったほうが良いという判断に至るかも知れないですから。
MTGに関してもそうです。
MTGの何日か前にアジェンダが送られてくる仕組みにしておけば無駄は少し省けますが、もしこれがなかったらMTGの時間には無駄が増えます。
アジェンダが挙げられることによってMTGが始まるまでに議題に関しての意見を準備できる。
準備できていなかったらその場で考えるという無駄な時間が起きてしまう。
MTGは考える場ではなく議論する場だと思いますので。

まとめ

大企業であろうと中小企業であろうと、やらないといけないことは同じ。
むしろ中小企業の方が手の届くところがあるにも必要なことをやらないというのは、
怠惰としか言いようがない。

個人事業主であっても、1人でPDCAサイクルを回していかなければなりません。。
1人で全てを把握してやっていかなければならないのは大変ではあるが、1人で全てを把握している点でいうと手さえあればサイクルは回せます。
規模が小さいところの利点としてはそういうところがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です