人生で一番時間を費やすほど大切なこと

誰もが一番時間を費やしていることとは?

誰もが何に一番時間を費やしているかです。
ご存知でしょうか?
答えは「睡眠」です。
わかりますか?

幼い時も年をとってからも。多くの人は一日の4分の1〜3分の1を睡眠に費やしている。
中には毎日長く起きていると言う方もいらっしゃるかも知れませんが、
基本的には誰しもが毎日眠りますよね?

と言うことはもっと睡眠を大事にした方が人生充実すると思いませんか?

枕を変えたら眠れない、自分の布団じゃないと眠れない、
ベッドじゃないと眠れないなどなどいろんな方いますよね?

翌日の体調は前日の睡眠から始まると言っても過言ではありません。
大げさに言うと人生の充実度合いは睡眠によって決まります。
決して布団会社の回し者ではありません。

プロスポーツ選手はマットレス一つにしてもこだわります。
なぜか、次の日の回復具合が変わってきてパフォーマンスに影響がでるからです。

起きた瞬間から体が軽いとか最高じゃないですか!?

朝起きても体が重いなんて最悪な1日の始まりですよね。
スタートが悪いとゴールまでなかなか困ります。
その日の疲れはその日のうちに取れるのが一番良いですよね。

毎日体が軽く感じるとか最高でしょう。
気持ちよすぎて寝過ごしてしまいそうになるくらいの睡眠が取れたらいいような悪いようなですよね。

でも、24時間のうち8時間くらい寝ると思ったら、もっと良い睡眠を得るためにお金もかけて良いのではないかって思います。

年を取ってくるとなおさら感じます。

疲れが取れない。。一日取れなかったら、数日続きます。

そう考えただけでも気が重いです。

毎日寝る、1日の大半が睡眠と考えたら睡眠グッズ揃えたくなりませんか?

人間暗くして寝ないと、起きていると錯覚して良い睡眠にはならないようです。

こんな面白い商品もありますのでお試しください。

毎日のことだからこそ大切に

毎日のことだからこそ食べる、寝ると言うのは特に大事にしていただきたいです。

死ぬまで続くからです。

毎日のことが改善できれば、毎日の生活もより充実します。

睡眠グッズは色々試してみることをオススメします。

布団、枕、ベッド、マットレス、毛布などなど。
夏場ならひんやりした布団で眠りたいし、冬場ならほかほかな布団で眠りたいですよね。

少し高額なものを購入しても、日割りでいくらか考えてみたら大したことないです。

一度真剣に考えてみてはどうでしょうか?

電気を決して寝ていますか?

なぜこんなことを効くのかと言いますと、
ある専門家にこんなことを聞いたことがあります。

電気をつけたまま、明るいまま寝てしまっても脳が昼間だと錯覚し、深い睡眠が得られません。
つまりは側から見ると寝てはいるけれど、疲れが取れにくい状態だということです。

人間てすごいもので朝と夜というのを自動で識別できるようになっており、
暗い夜に寝て、明るい朝に起きるというのが体の仕組みの一部になっています。

要するに部屋を明るいままにして、「寝る」というのは脳的には眠れていないということになり、疲れも取れません。

つまりは、勿体無いということです

せっかく同じ時間を費やすなら、高い効果を得たくありませんか?

しかも、することは電気を消すだけです。

それだけで睡眠を改善できる人は山ほどいると思います。

テレビ付けっ放しもよくないようです。

仕事でもそうですが、同じ時間を費やしても効率をあげることができれば随分と仕事は進みます。

毎日あるようなことでも、昨日よりも今日、今日よりも明日、1パーセントでも向上していけば面白いです。

仕事をするときはシンプル、いかに時間短縮できるかを考えます。

自分の持っているリソースをどのように活用していくか。

自分のリソースを増やしたり、スキルを身につけたり、高めたりすることで随分と仕事は楽になるはずです。

他の仕事で身につけたことも、必ずどこかで生きてきます。
自分の頭の中から、あああれと一緒だなと思えばしめたものです。

自分の引き出しから、出してきて使うことができれば、身についていると言っていいと思います。

今時は便利なもので、少しヒントを思い出したりするだけで、あとは同じような問題を解決した人がネット上にアップしているの、それをみて自分のものにできます。

無料の教材が無数に転がってます。

同時にああ同じようなところで悩んでいる人が多くいるんだなと思い安心することもしばしばあります。

睡眠を妨げる「不安」

睡眠を妨げる理由として「不安」というのもあると思います。

僕の場合、明日絶対すごく早い時間に起きないといけないとなった時に、
起きられるか不安になりなかなか眠ることができず、結局朝まで起きてるなんてことも過去にありました。

機嫌が迫っている仕事を多く抱えていて、終わらせることができるかなという不安に駆られ、寝ても気になって早朝というかまだまだ暗い時間に起きるなんてこともありました。

体がすごく疲れていても、休養を欲しがっている体はまだまだ休みたがります。
でも、不安があるとそんなことお構いなく起きてしまいさらに疲労がたまります。

不安なんてものは人それぞれですが、その不安を取り除かない限り、深い眠りは得られないはずです。

不安の根源は何か?根っこから取り除いていかないと根本的な解決にはならないし、眠りも浅いです。

僕も眠りは浅い方ですが、少しずつ改善がみられてきました。
枕があってないとか、布団があってない以前に自分の状態をまずは整えることが大事かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です