1日9,000歩が健康の秘訣

歩いただけでは何も変わらないと思っていませんか?

とあるセミナーに参加した時に理研の人が言ってました。
1日9,000歩以上歩く人は病気にかかるリスクが極端に下がるとのことです。

ですが9,000歩イコール歩幅が50cmだとしても4.5キロ。なかなかの距離です。
万歩計なんてもの歩いて測ってみたらわかると思いますが、1日意外と歩いてません。

万歩計持ってふってもダメですよ!

都会の人ほど実は健康な人多いんじゃないかと思うことがあります。

実際、車を所有している人は少ないですし、電車でほぼ網羅できますからね。

田舎の人よりも都会の人の方がよっぽど歩く

田舎は車社会。都会は電車があります。
それだけでも格段に歩く距離は違います。
それに加えて都会の人ほど、夜や朝にジョギングをしています。
東京や大阪、京都では早朝から多くの人がジョギングしていたり、
通勤をクロスバイクやロードバイクでオシャレに颯爽とかけていく。格好もまた似合うんです。

かくいう私も東京にいるときは毎日往復で10キロ以上自転車に毎日乗って、移動していました。
雨が降ったら電車でそれでも結構な距離を歩いていました。
都会でスタイルの良い人が多いのはそういうことか!?って思いました。

田舎だと夜なんて街灯のないところは暗くて怖いし、危ないし。
基本車なので、歩かないです。
だから体も鈍っていきます。
スタイルもダサくなっていきます。
格好も楽な格好へと変わっていきます。

車と言うものを手に入れ、味をしめてしまったらなかなか自転車に戻ったりするのも実際に難しい。
うちには嫁さんのを合わせてロードバイク3台とクロスバイク1台がある。
宝の持ち腐れです。
来年の夏は自転車に乗って通勤しようかなと考えています。
なんて思っていても、いざその時期になったらきっとやらないでしょうね・・

そもそも意思が弱いのです。

歩く、なんて日常的なことだろうかと思うけど、意外とすごく大事です。
田舎の人は特に「歩く」を習慣づけてみてはいかがでしょうか?

まずは見た目から、っぽさを出す。
何気に私はここを大事にしています。

履きたいと思うランニングシューズやウェアを買うところから初めてみるのも楽しいですよ!

面倒だと思っても続いてしまうようにするには

実に簡単です。

ジョギングとかウォーキングとか1日はできても続かないなんて人は、

同じ目標を持った人と一緒に取り組む。
履きたいと思う靴を購入する。
着たいと思うウェアを購入する。
ランニングの内容をアプリに記録して、SNSで報告する。
褒めてくれたり、私もするといって一緒にするようになってくれたりします。

恥ずかしいと思う以上に公開、管理してもらうという感覚でやると良いです。

だって自分ひとりじゃ間違いなく続きません。

どうせなら楽しくできた方が精神衛生上も良いに決まっています。

自分の好きなものを着て、自分の好きなものを履いて、自分の気の許せる人と取り組めれば長続きします。
最初は歩いていても不思議なことに距離も伸びていつも間にかジョギングになって、人によってはいつの間にかマラソンに取り組んでいます。

いつの間にか趣味になってるんですよね。

趣味になってしまえば、とりあえずamazonで色々揃えます。
揃えるだけで満足したらダメですけど、実はこういうグッズを揃えるだけでも楽しいです。

誰だって最初はめんどくさいんですよ。
でもそこを乗り越えた人には新しい世界が見えてきます。

じゃあ次はクロスバイク、ロードバイクに挑戦して、自転車でツーリングでも出かけたいなってなってもamazonで購入です。

私自身、まず「っぽさ」から入ります。
こんな人いるよなーってのを見たり、想像したりしながら色々と揃えて、いかにも!っていう感じの姿に仕上げていきます。
あくまでも自己満足の世界です。

最初はカタチからで全然大丈夫です

ネックウォーマーをつけたり、ニットキャップかぶったり、
靴下も機能性の高いもの身につけてみたり、ものを一つ購入して身に着けるだけで気分は変わるし、さあやろうとなルものです。
普段着と変わらないと気持ちも切り替わりません。
なんともないと思うかもしれないですけど、これは結構大事です。

ありえないですけど、仕事にパジャマでいってもきっと仕事は捗りまセン。
なぜか?気持ちが切り替わりにくいからです。
これは極端な例ですけど。
家でも休日パジャマのママだとずっとだらだらしてしまっていませんか?

でも化粧したり、服を着替えるだけであら簡単です。
気持ちが切り替えられます。

ですので、コツとしては気持ちを切り替えられるようなスイッチをつくりましょう。

ちょっと古いですが、「やる気スイッチ」を押せる状態作りをしてみて下さい。

意外と人間の脳って単純なのです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です